MVPlayer420

ワードプレスのカスタマイズ方法を中心にガジェットや日常の話をしてます。ブログ運営の話もしてますよ

run blog WordPress

BackWPup 設定手順書

投稿日:

 

wordpressのバックアップを取るなら、BackWPupと言うプラグインがおすすめです。

WordPressの更新やデータベースを直接触ってデータが吹っ飛んだりと、あらゆる事故を未然に防ぐことができます。

しかも、このプラグインは最初の設定が終われば、あとは自動的にバックアップをやってくれます。もちろん、データーベースもです。

自分が作っていたサイトが一瞬で真っ白なサイトに生まれ変わらないように、最初に準備しておきましょう。

備えあれば憂いなしです。

 

では、始めて行きましょう。

 

スポンサーリンク

 

WrodPressデータの種類を把握しよう

wordPressのバックアップをする場合、2種類のデータをバックアップする必要があります。

サーバー上のデータ テーマ、プラグイン、画像など記事以外のデータファイル
データベースのデータ 管理画面、記事、カテゴリ、コメント、文章に関するデータ

WrodPressはこの二つのデータが組み合わさってできています。

どちらか一方でもなくなれば、正常にサイトを表示することができません。

BackWPupでは、データベースとファイルデータを同じジョブとして設定できますが、今後の管理の為にファイルデータとデータベースは分けてバックアップを取得する事をお勧めします。

 

 

BackWPupのインストールと有効化

 

まずはプラグインをインストールし有効化してください。

プラグインのインストールと有効化がわからない人はこちらを参考にしてプラグインを追加してください。

 

FileBackUp

プラグインの有効化ができたら、ダッシュボードにBackWPupと言う項目が表示されますので、クリックをして新規ジョブを追加を押下してください。

一般

一般のタブをクリックしてください。

ジョブ名

このジョブの名前 任意のジョブ名を書いてください。

ジョブタスク

このジョブは… バックアップとして保存したいデータにチェックを入れてください。

アーカイブ名

保存された時の名前を任意で付けれます。

基本的にはデフォルとで問題はないです。

アーカイブ形式

Windowsは[Zip]

Macは[Tar GZip]

ジョブの伝送先

どのようにバックアップを伝送するかです。

自分に合ったバックアップ先を選びましょう。

基本的にはフォルダーへバックアップで十分です。

 

ログファイル

ログを送信するメールアドレスです。

自分がよく使うメールアドレスを記入しておきましょう。

エラー

毎回メールがくる人は嫌な人はエラー時のみメールが届くように設定できます。

最後に変更を保存

※保存を押すと画面が変わるので、ダッシュボードのジョブから今、保存したジョブの編集で詳細を設定して行きます。

 

 

スケジュール

ジョブスケジュール

手動かwordPressのCronを選んでください。

自動バックアップに設定したい場合はwordPressのCronを設定します。

実行時間をスケジュール

 

スケジュールタイプ 基本を選択
スケジューラー  バックアップの頻度です

※週末のアクセスの少ない深夜に設定するといいでしょう。

 

ファイル

基本的にデフォルトで構いません。

バックアップしないファイルを指定したい時に各項目に☑を入れます。

 

設定を変更した場合は変更を保存

宛先:フォルダー

バックアップを格納するフォルダー 自分がわかりやすい場所を指定してください。

デフォルトで構わないと思います。

ファイルを削除 フォルダ内に指定数に達すると古いデータから削除されて行きます

 

新しく作成したジョブはまだバックアップを取得していないため、画面の上にある今すぐ実行を押すと今回、設定した内容でバックアップを取得する事ができます。(その後、設定したスケジュールで自動で取得していくようになります。)

このような画面がでてくれば、保存は完了です。

サーバー上のバックアップの設定は以上となります。

 

Database Backup

次はデータベースのバックアップジョブを追加します。

新規ジョブを追加後、ジョブの名前とジョブに以下のタスクを追加して下さい。

☑データベースのバックアップ

☑WordPressのXMLエクスポート

☑データベーステーブルをチェック

 

 

バックアップファイルの作成・ジョブの伝送先・ログファイルの設定方法はFileBackUpのジョブを作成した時の設定と同じで問題ありません。

スケジュール

こちらもFileBackUpのジョブを作成した時の設定と同じで問題ありません。

※バックアップのスケジュールを変更したければ、任意で変更してください。

 

DBバックアップ

バックアップするテーブル 全てをチェック(テーブル概念がわからない方はすべてチェックで問題ありません)
バックアップするファイル名 バックアップを取る名前です。デフォルトで問題ないと思います。
バックアップファイルの圧縮 圧縮をするかしないかです。圧縮している方がよいでしょう。

変更を保存

XMLエクスポート

エクスポートする項目 XMLでエクスポートするコンテンツを選択(全てを選択でよいです。)
XMLエクスポートファイル名 ファイル名を任意で変更できます。(デフォルトで)
ファイルの圧縮 圧縮の形式を選択してください。(GZipでOK)

変更を保存

DBチェック

 

データベースが壊れているかどうかのチェックです。

☑WordPressのデータベーステーブルのみチェック

☑欠損テーブルを修復する

変更を保存

 

宛先:フォルダー

宛先:フォルダーの設定はFileBackUpのジョブを作成した時の設定と同じで問題ありません。

 

※データベースの保存も今すぐ実行を押せば、設定したスケジュールとは関係なくすぐにバックアップを取得する事ができます。

 

実際にバックアップが取れるか確認してみる

BcackWPup > バックアップ 押下

バックアップのジョブの名前をドロップボックスから選択

先を変更 押下

バックアップ一覧が出てきますので、ダウンロードしたいバックアップファイルの名前の上にマウスを置くとダウンロードと出てくるのでクリック

自分のファイルにダウンロードできたか確認します。

中身を確認します。

 

 

取得できていれば完了です。

 

これで不慮の事故であなたのサイトが消え去ってもすぐに修復する事ができます。

 

以上で説明は終わりです。

 

いかがだったでしょうか?

サイトを運営する上で必要となる事ですので、是非試してみてください。

 

参考になりましたら、シェアして頂けると励みになります。

 

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-run blog, WordPress

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WordPressおすすめプラグイン

wordPress おすすめプラグインを紹介します。 特にwordPressを初めて使う人などには要チェックです!! スポンサーリンク   目次1 プラグイン導入前の注意事項2 実はプラグイ …

wordpress 目次 自動生成 プラグイン

このサイトでもいくつか、おすすめプラグインは紹介してきましたが、今回は目次のプラグインです。 当ブログもこの目次のプラグインを使って書いています。   目次を入れる事でユーザビリティ(なんだ …

Xserver お名前.com ドメイン割り当て

HPを開設するならレンタルサーバーとドメイン取得は必須になります。 XServerでドメインを取得する事もできますが、お名前.comでドメインを取得してレンタルサーバーはXserverを使用と言う人は …

ContactForm7(問い合わせフォーム)のカスタマイズ

  前回の設定でContactForm7が使えるようになったと思います。 今回は様々な項目を追加する事で、自分用にカスタマイズできますので、 ひとつずつ項目を見て行きましょう! スポンサーリ …

mac スクリーンショットと保存先変更

  今回はmacのスクリーンショットです。 長年windowsを使ってきたユーザーにとってはmacは未知の世界。 windowsで簡単にできていた作業でもmacでは 「ん?どうするんだっけ? …



about me