MVPlayer420

ワードプレスのカスタマイズ方法を中心にガジェットや日常の話をしてます。ブログ運営の話もしてますよ

WordPress

Google XML Sitemapsプラグイン 設定方法

投稿日:

 

筆者おすすめプラグインでも紹介させて頂いた、Google XML Sitemapsプラグインの設定方法と使い方です。

ネットで記事を書いている人は、少なからずSEOは気になるはずです。
特に時事ネタを取り上げているサイトであれば、更新した時にすぐに上位検索されるようにしてほしいものです。
自分の記事を検索エンジンにいち早く認識させるには、更新時にサイトマップを検索エンジンに通知しないといけません。
更新する度にサイトマップを作製して通知するのはかなりの手間ですし、時間の無駄です。

その手間を担ってくれるのがこのプラグインです。

更新のタイミングで自動でサイトマップを作製し検索エンジンに通知してくれます。

では、早速初めて行きましょう。

スポンサーリンク

 

 

プラグインのインストールト有効化

WordPress初心者やプラグインのインストール、有効化がわからない方はこちらで確認してください。

Google XML Sitemaps 設定方法

インストールが終われば、設定 > XML-Sitemap と進みましょう

 

基本的な設定

☑Googleにブログの更新を通知
☑Bing(旧名 MSN Liveサーチ)にブログの更新を通知
☑サイトマップのURLを仮想robots.txtファイルに追加

最初の二つがブログを更新した時に、検索エンジンに通知してもらえるようになります。

「サイトマップのURLを仮想robots.txtファイルに追加」聞きなれない言葉が出てきていると思いますが、検索エンジンにサイトマップの場所を正確に伝える事ができます。

3つとも重要ですので、すべて☑を入れましょう。

 

高度な設定

こちらはデフォルトで構いませんが、細かな設定をしたい方は見てください。必要ない方は次へ進んで大丈夫です。

☑Try to automatically compress the sitemap if the requesting client supports it. サイトマップを自動的に圧縮するかどうか。

大型サイトになれば、それだけサイトマップのメモリも大きくなります。それを自動で圧縮するかどうかです。

XSLT スタイルシートを含める 人間が読めるXMLテキストを含めるかどうか。
Override the base URL of the sitemap

 

WordPressのインストール先がドメイン直下であれば、変更の必要はありません。
HTML形式でのサイトマップを含める [http://xxx.com//sitemap.html]と入力するとサイトマップがHTML形式で見やすくなる。
匿名の統計を許可する プラグインの開発者に情報が自動で送られます。無駄な動作を抑えたい人は☑を外しておきましょう。

追加ページの設定

サイトマップに手動でページを追加できます。

追加したいサイトを[新しいページの追加]を押してURLを入力すれば設定ができます。必要がなければ、飛ばしましょう。

 

投稿の優先順位

☑優先順位を自動的に計算しない

※SEOを重視してサイト運営をするのであれば、クロールの最適化をする必要がります。その為、コメント数や平均コメントでは投稿の優先順位を計算するのは得策ではありません。

クロールの最適化については次に書いて行きますので、よく読んで進めて行ってください。

 

Sitemap コンテンツ

サイトマップに載せるコンテンツを選択できます。

☑ホームページ
☑投稿 (個別記事) を含める
☑カテゴリーページを含める
☑最終更新時刻を含める

この4つの項目はサイトコンテンツにかかわる重要ページです。

そのページだけをサイトマップに載せ、検索エンジンに知らせる事で、不要なページにクロールが行かないようになります。

これが、クロールの最適化となりSEO対策につながります。

 

含めいない項目

サイトマップに掲載したくないカテゴリーや投稿(個別記事)・固定ページを設定できます。

不要なカテゴリーなどがある場合は☑を入れておきましょう。

投稿 (個別記事) を含めない場合はIDの入力が必要です。

IDの検索方法は対象のページ一覧にカーソルを合わせます。ブラウザーの下部にURLが表示されるので、post= [ID]の部分を貼り付けます。

例では237となっています。

更新頻度の設定 (changefreq)

更新頻度の設定を指定し、検索エンジンに通知する事ができます。

これは自分が更新する頻度に合わせるといいですが、以下に挙げる項目以外は「更新なし」とするとクロールの最適化ができます。

ホームページ 毎日
投稿(個別記事) 毎週
カテゴリー別 毎週
古いアーカイブ 毎年
タグページ 毎週

 

優先順位の設定 (priority)

サイトのURLの優先順位を指定できます。

 

優先順位は、1.0(非常に重要)~ 0.1(ほとんど重要ではない)

更新頻度の設定内容と同じ項目の重要度を高めにするといいです。

 

最後に設定を更新を押して設定は以上となります。

 

いかがだったでしょうか?

SEO対策としては欠かせないサイトマップ作成と通知を更新の度に自動でやってくれると言うのはありがたいですよね。

簡単な設定で重要度の高いものからクロールしてくれるので、上位検索にもなりやすいはずです。

参考になりましたら、シェアして頂けると励みになります。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-WordPress

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WordPress おすすめテーマ -厳選-【2017年版】

WordPress おすすめテーマ 気軽にブログを続けて行きたいという人は断然無料がおすすめです。 ただでさえ、ドメインとサーバーにお金をかけているのだから、テーマくらいはただで使ってもいいと思います …

Akismet Anti-Spam (アンチスパム) 設定方法

今回紹介するのは、アンチスパム Akismet Anti-Spamです。 自分のサイトを悪意のあるスパムから保護してくれるプラグインです。 設定方法も簡単ですし、無料で使えますので説明をよく読んで自分 …

wordpress 目次 自動生成 プラグイン

このサイトでもいくつか、おすすめプラグインは紹介してきましたが、今回は目次のプラグインです。 当ブログもこの目次のプラグインを使って書いています。   目次を入れる事でユーザビリティ(なんだ …

BackWPup 設定手順書

  wordpressのバックアップを取るなら、BackWPupと言うプラグインがおすすめです。 WordPressの更新やデータベースを直接触ってデータが吹っ飛んだりと、あらゆる事故を未然 …

メニューバーに投稿一覧を乗せたい

スポンサーリンク     目次1 ハマった2 カテゴリーを追加する3 カテゴリーをメニューに追加4 実際に投稿してみよう!5 完成6 まとめ ハマった 丸一日はまった作業だったので …



about me