MVPlayer420

ワードプレスのカスタマイズ方法を中心にガジェットや日常の話をしてます。ブログ運営の話もしてますよ

Mac WordPress

mac スクリーンショットと保存先変更

投稿日:2017年4月9日 更新日:

 

今回はmacのスクリーンショットです。

長年windowsを使ってきたユーザーにとってはmacは未知の世界。

windowsで簡単にできていた作業でもmacでは

「ん?どうするんだっけ?」

と、google先生に頼ることがしばしば。

で今回はスクリーンショットの取り方と保存先の変更の仕方です。

macではスクリーンショットを撮るとデフォルトではデスクトップになります。

何枚も撮り続けると、気づいた時には画像だけでデスクトップが埋め尽くされてしまいます。

今回はその解決方法も説明いたしますので、参考にしてください。

では、早速行きましょう!

スポンサーリンク

 

スクリーンショット

画面全体を保存  Command + Shift + 3
マウスで範囲を指定して保存 Command + Shit + 4

マウスが座標表示に変わります。ドラックしてキャプチャしたい範囲を決めてください。

ESCでキャンセルできます。

選択したウィンドウのみ保存 Command + Shift + 4 + スペース カメラマークが出てきますので、キャプチャしたいウィンドウにカメラマーク移動させてクリック

保存せずクリップボードコピー

画像編集も必要ないけど、とりあえずキャプチャして貼り付けしたい時はこちら

画面全体を保存 Command + Shift + Control +3
マウスで範囲を指定して保存 Command + Shit + Control +4

マウスが座標表示に変わります。ドラックしてキャプチャしたい範囲を決めてください。

ESCでキャンセルできます。

選択したウィンドウのみ保存 Command + Shift + Control + 4 + スペース

カメラマークが出てきますので、キャプチャしたいウィンドウにカメラマーク移動させてクリック

保存の時のキーの組み合わせにControlキーをプラスした感じですね。

しかし、最後5個のキーを同時押しなので指がついて行かない気がします。

 

保存形式の変更

デフォルトではPNG形式で保存されます。

ですが、それでは都合が悪い時もありますよね。

ちょっと技術的な話になるので、初めての人は慎重にお願いします。

まずはターミナルを起動させてください。

聞き慣れない言葉かもしれませんが、windowsで言うところのコマンドプロンプトです。

ターミナルの見つけ方

画面の右上の虫眼鏡をクリック(Spotlight)でターミナルと検索すれば一発で出てきます。

もしくはアプリの一覧のその他の中に入っています。

起動させたら以下のコマンドを入力してenter

※ターミナルでやるのは不安と言う方はTinkerToolと言うソフトを使って簡単に設定が変えられます。最後に記載してますのでそちらを参考にしてください。

BMP defaults write com.apple.screencapture type bmp
GIF defaults write com.apple.screencapture type gif
JPEG defaults write com.apple.screencapture type jpg
PDF defaults write com.apple.screencapture type pdf
PNG defaults write com.apple.screencapture type png
TIFF defaults write com.apple.screencapture type tiff

注意:他のサイトでは$マークが一緒に記載されていますが、そのままコピーするとcomand not foundと出て正常にコマンドが打てません。

頭の$マークを外してから再度コマンドを打ってみてください。

コマンドが正常に反応したら次はこちら

killall SystemUIServer

これで設定ができました。

jpgにしてみました

保存場所の変更

デフォルトではデスクトップに保存されます。

このままでは使うにはちょっと不便です。

気づいた時にはデスクトップが画像だらけになりますからね。

任意の場所に変更できます。

これもターミナルでの作業が必要となります。

例はピクチャ配下に保存

defaults write com.apple.screencapture location ~/Pictures/

ピクチャ以外にも指定できますので、「location ~/任意の保存先」と設定すれば大丈夫です。

コマンド実行後、下記のコマンドを打ってください。

killall SystemUIServer

ピクチャー配下に保存されている

 

コマンドで変更する方法は以上となります。

TinkerTool

最後にTinkerToolの紹介です。

macの細かい設定などを簡単に操作できるToolです。

こちらからダウンロードしてアプリを起動させましょう。

ダウンロードしてインストールしてください

General を押下

Screenshot file format 保存する拡張子を選べます
Destination folder 保存先を選択してください

設定は以上で完了です。

 

ターミナルでやるよりも簡単ですし、安全性が高いのでこちらの方がいいかもしれませんね。

 

いかがだったでしょうか?

ターミナル作業は慣れてないと難しいと思われがちですが、コピーして貼り付けてenter押すだけの作業なので割とわかり安いと思います。

 

参考になりましたら、シェアして頂けると励みになります。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-Mac, WordPress

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

BackWPup 設定手順書

  wordpressのバックアップを取るなら、BackWPupと言うプラグインがおすすめです。 WordPressの更新やデータベースを直接触ってデータが吹っ飛んだりと、あらゆる事故を未然 …

Akismet Anti-Spam (アンチスパム) 設定方法

今回紹介するのは、アンチスパム Akismet Anti-Spamです。 自分のサイトを悪意のあるスパムから保護してくれるプラグインです。 設定方法も簡単ですし、無料で使えますので説明をよく読んで自分 …

ContactForm7(問い合わせフォーム)のカスタマイズ

  前回の設定でContactForm7が使えるようになったと思います。 今回は様々な項目を追加する事で、自分用にカスタマイズできますので、 ひとつずつ項目を見て行きましょう! スポンサーリ …

Contact Form 7(問い合わせフォーム) 初期設定

今回、紹介するプラグインはContact Form 7です。   簡単にお問合せフォームが設置できるwordpressのプラグインです。 デフォルトの設定で簡単な問い合わせフォームを作る事が …

EasyFancyBox 設定方法と使い方

今回は筆者のおすすめプラグインでも紹介した、EasyFancyBoxの設定と使い方です。 デフォルトでも使えますし、簡単な設定で誰でも画像やサムネイルをクリックした時に拡大ポップアップとして表示してく …



about me